有明海で潮干狩りを楽しもう♪


佐賀市中心部から25kmに位置し、山・平野・川・海が一体となった、原風景が一面に広がる白石町。 まちの東南部は宝の海とも言われる有明海に面しており、海苔の養殖なども盛んな自然と食が豊かなまちです。杵島山(きしまやま)山頂に建つ展望所に登れば、その先には、有明海と白石平野の大パノラマが広がります。

画像:白石町HP

まちの漁師さんたちが海苔養殖のシーズンオフに始めた観光潮干狩りと有明海遊覧。今や、まちの人気イベントになり、県内外から多くの観光客が訪れます。このイベントは、漁師たちで結成した ”しろいし遊漁船会”が実施しており、大人から子供まで、たくさんの人に有明海の自然を満喫してもらいたいと始めました。しろいし遊漁船会のメンバーが漁船で沖合まで案内し、ベストスポットで潮干狩りを楽しむことができます。

画像:pixta

日本一とも言われる有明海の干満の差は、なんと最大で6メートルにもなります。船で沖合に出て、しばらく潮が引くのを待つと、そこには広大な干潟が現れます。干満差を利用した潮干狩りは、有明海ならではです。

画像:pixta

観光潮干狩りイベントは6月中旬まで開催しています。開催日は毎日でなく指定された日のみとなりますので、イベントに参加する際は開催日程の確認を忘れずに!

画像:pixta

観光潮干狩りは、大人から子供まで、またご家族やカップルでも楽しめます。有明海の風を感じながら、白石町の自然をぜひ楽しんでください。

▶ 観光潮干狩りについての開催日程やお問い合わせ先については、こちらの白石町ホームページ(外部リンク)をご覧ください。

◆自然豊かな白石町では、ふるさと納税のお礼の品として、まちの特産品をお贈りしております。白石町の魅力ある特産品を是非一度ご覧ください。お礼の品はこちらからご覧いただけます。