妙義山へ紅葉狩りに出掛けよう♪

日本三大奇景妙義山について
妙義山は、赤城山、榛名山とともに上毛三山に数えられ、群馬を代表する山の1つです。日本三大奇景の1つとしても数えられる、自然景観の美しさが特徴の山です。また、妙義山とは、いくつもの峰々の総称で、金洞山、白雲山、金鶏山を通称「表妙義」と言い、谷急山、丁須の頭、御岳等を通称「裏妙義」と呼びます。標高は、白雲山相馬岳の1,104mが最高峰で、関東平野を見下ろし一望するパノラマは絶景です。


妙義山の紅葉風景

妙義の一つで、妙義山の中で最も標高の高い「白雲山」。
ゴツゴツとした奇岩が魅力で、迫力ある山肌は山と言うより、まるで大きな岩のよう。
紅葉の季節には、茶色い山肌と赤、黄と色づいた木々が絶妙なコントラストとなり、まるで絵画を見ているような錯覚さえ覚えるほど。大パノラマの絶景をぜひご覧ください。



妙義神社の紅葉風景


富岡製糸場からは約14kmに位置する、妙義山白雲山の中腹に鎮座する妙義神社は、537年に創建されたとされ、国の重要文化財にも指定されている歴史ある神社です 。
四季折々違った表情を見せる中、秋の紅葉時期は、厳かな空気と相まって、また一段と美しい姿を見せてくれます。上昇運や生命力アップをもたらす開運パワースポットとしても人気が高く、近年では、たびたび大河ドラマなどのロケ地としても利用され、富岡を代表する観光スポットです。


紅葉の季節、富岡製糸場を訪れる際には、ぜひとも立ち寄りたいスポットです!
例年では、紅葉の見ごろは10月下旬~11月中旬。妙義山の麓を通って、富岡市と下仁田町を結ぶ「妙義紅葉ライン」のドライブはおススメです。また、その沿道にある妙義山パノラマパークからは、一面に色づく妙義山の絶景を見ることができます。都心からのアクセスもよい富岡市。この秋、紅葉狩りはぜひ富岡市へお越しください。

◆富岡市では、ふるさと納税のお礼の品として、まちの特産品をお贈りしております。富岡市の魅力ある特産品を是非一度ご覧ください。お礼の品はこちらからご覧いただけます。