『七夕こしひかり』数量限定で受付開始

収穫時期が早い早場米の中でも有名なお米が佐賀県白石町で栽培されている『七夕こしひかり』。
旧暦の七夕のころ(8月7日前後)に収穫されるため「七夕こしひかり」と命名された、有明海に面した白石町で栽培される極早期栽培のコシヒカリです。

農薬と化学肥料を県の基準より5割削減した、「減農薬」「減化学肥料」を実現した安心・安全な美味しいお米です。
このお米は皇居で行われた新嘗祭(にいなめさい)の『献穀米』としても選ばれたほどの実績を誇るお米です。
お盆に一足早い新米を味わってみてはいかがでしょうか。

出荷数量に限りがありますので予定数量に達ししだい終了となります。
この機会に白石産「七夕こしひかり」をぜひご賞味ください。