冬の“たかしま”を楽しもう♪

高島市は、滋賀県内でも有数の降雪量が多い地域。石川県金沢市と同じくらいの降雪量があります。冬季の季節風が、日本海側の若狭湾から、太平洋側の伊勢湾にかけて流れてくる際、標高が低い福井県境の山々を乗り越えてしまい、雪雲が高島市まで流れ込んでくるため、降雪量が多いのです。
その降雪量の多さから、高島市内には4つのスキー場があります。スキーやスノーボードはもちろんのこと、小さな子供が安心して雪遊びができるキッズエリア完備のスキー場まで、西日本エリア屈指のスノーパラダイス!!また、温泉施設もあるので、雪遊びの後は温泉でゆっくりどうぞ♨ 冬ならではの高島市を楽しむスポットが満載です。

▼高島市4つのスキー場のご紹介

高島市の4つのスキー場をご紹介します!積雪情報などの詳しい情報は、スキー場公式ホームページにてご確認ください。
※各スキー場の積雪情報は、高島市観光情報サイトで確認することが可能です。毎日更新中!

  • ●箱館山スキー場

    駐車場から8人乗りゴンドラで一気にゲレンデへ!豊富な雪量と雪質の良さに定評があり、変化に富むゲレンデは初級者から上級者まで存分に楽しむことが出来ます。サンキッド&キッズパークもあり、ファミリーにも人気。

    住所:高島市今津町日置前
    TEL:0740-22-2486(テレホンサービス0740-22-2477
    URL:http://www.hakodateyama.com/
  • ●国境高原スノーパーク

    国道161号線沿いの駐車場からリフトもすぐ!ロマンスリフト4基や照明などのナイター施設も完備、造雪機の設置で積雪安定度もグーンとアップ!また、キッカーやボックスを備えたパークは、スノーボードのカッコイイ技を習得したい中・上級者にもってこいのエリア。

    住所:高島市マキノ町野口
    TEL:0740-28-0303(テレホンサービス0740-28-0301
    URL:http://www.kunizakai.com/
  • ●マキノ高原マキノスキー場

    コンセプトは“自然雪と遊ぶ”。動く歩道(サンキッド102m)を主体にキッズパークも充実。また、周辺の広大なフィールドでは、スノーシュー・トレッキングやアニマルウォッチングなど、大自然を思いっきり満喫できます。お子様から団塊世代の方々まで安全に楽しく過ごしていただけます。

    住所:高島市マキノ町牧野
    TEL:0740-27-0936
    URL:http://www.makinokougen.co.jp/
  • ●朽木スキー場

    スロープが長く、平均斜度10度のなだらかなロングコースは、初心者の方やファミリーに人気。キッズゲレンデは、スキー・スノーボードの滑走が全面禁止なので、子どもたちが思いっきりソリ遊びを楽しめます。また、駐車場とゲレンデが直結しているのも魅力です。

    住所:高島市朽木宮前坊
    TEL:0740-38-2323
    URL:https://kutsuki-snowpark.com/
  • 画像:高島市観光情報サイト

高島市の冬の魅力はスキー場だけじゃありません!冬ならではの絶景スポットが沢山あります♪

▼雪積もるメタセコイア並木

雪化粧した冬のメタセコイア並木。白銀の世界に真っ白なメタセコイアのトンネルがとても幻想的です。

▼雪の乙女ヶ池

乙女ヶ池一帯は、万葉の時代「香取の海」と呼ばれ、数多くの歴史的事件の舞台になったと言われた場所。昔は山の麓までびわ湖の入江になっていましたが、今は内湖となり、淡水魚の宝庫として、釣り人に人気が高い静かな公園になっています。歴史に思いを寄せながら、雪化粧されたロマン漂う乙女ヶ池を是非ご覧ください。

▼里山の雪景色

高島市朽木には、現在も里山の風景が残っています。どこか懐かしい、ほっとする風景がそこにはあります。

▼冬の使者、コハクチョウ

毎年11月頃になると、琵琶湖岸には冬の使者、コハクチョウが北の国から渡ってきます。近年では100羽程度訪れ、2月末ごろまで羽を休め、その後、北の国へ飛び立っていきます。コハクチョウ達は、午前8時から9時頃になると、安曇川町や新旭町などの近くの田んぼで餌を探し、その後、松の木内湖で過ごします。

◆高島市では、ふるさと納税をしていただいた方に、高島市の豊かな自然や暮らしから生まれる「恵み」を お礼の品 としてお贈りしております。是非、ご覧ください。