長岡京ガラシャ祭 開催のお知らせ


長岡京市を代表するお祭り「長岡京ガラシャ祭」が今年もいよいよ開催されます。

細川氏に嫁いできた明智光秀の娘「玉(ガラシャ)」の輿入れの様子を、総勢約1,000人の大行列が再現します。長岡第六小学校から勝竜寺城公園までの約3kmを練り歩くその光景は壮大で、市内外から数多くの観光客が訪れる人気のお祭りです。

行列巡行や楽市楽座が行われるのは11月12日(日)ですが、11月3日(金)からは「ガラシャウイーク」として、様々なイベントが開催され、まちを盛り上げます。ガラシャウィークのオープニングを飾るのは、“ふれ太鼓”と新鮮な地元産農産物が立ち並ぶ”ふれあい昼市”、そして“ガラシャウィークの・マルシェ”。そのほか12日の行列巡行の日まで、数々のイベントが目白押しです。講演会やコンサートも開催され、まちはガラシャムード一色に染まります。

ガラシャウィーク期間中のイベント内容の詳細については、「長岡京ガラシャ祭 公式HP」(外部リンク)をご確認ください。

また、ふるりでは「長岡京ガラシャ祭」に関する記事をご紹介しております。記事をご覧になる方はこちらからどうぞ。