秋の紅葉・黄葉スポット情報☆

上士幌町が鮮やかに色づく季節

四季折々に姿を変える上士幌。 秋の季節は、ぬかびら源泉郷のヤマモミジの紅葉など、10月上旬頃には楽しむ事ができます。 また、そこから北側に位置する三国峠では、トドマツやエゾマツの大樹海が広がり、黄金に輝く黄葉景色を楽しむ事ができます。

  • ◆糠平川橋梁(第三音更川橋梁)◆

    市街地から糠平、十勝三股の山岳森林地帯を南北に貫く国道273号。それと並行して旧国鉄士幌線で使われたコンクリート造りのアーチ橋(通称めがね橋)を所々に見る事ができます。今もなお、歴史を伝える近代産業遺産としてその姿を残しています。

    四季折々に姿を変える橋梁群、秋の紅葉の季節もまた格別の絶景を見ることができます。

  • ◆三国峠と松見大橋◆

    標高1,139mに位置する三国峠は北海道にある国道の中で一番高い峠。樹海の上にかかる松見大橋は、四季折々、天候状況によっても、色々な絶景を楽しめるため、北海道でも人気の高い観光スポットです。

    例年だと紅葉シーズンは10月上旬頃から徐々に色付き始め、ピークを迎えると樹海は金色に染まります。
    大自然に広がる黄金の絨毯を、ドライブしながら駆け抜けてみてはいがかでしょう。まさに至福のひとときです。

  • ◆糠平湖◆

    大雪山国立公園内にある人造ダム湖。人造湖とは思えないほど大自然と調和されたおり、穏やかな秋晴れの日には湖面に色づいた山肌を映しだします。
    見渡す限り大自然のパノラマをお楽しみください。

  • 画像出典:上士幌町観光協会HP

上士幌町は美味しいグルメもいっぱい。大自然で育ったナイタイ牛や十勝ハーブ牛をはじめとし、ミルクジャムなどの乳製品も豊富。十勝の大自然が育んだグルメをご堪能いただけます♪
紅葉ドライブがてら、グルメを楽しみ、ぬかびら源泉郷でゆっくり疲れを癒すのもおススメです♨

■紅葉狩りへお出かけの際は、紅葉情報をインターネットなどでお確かめの上でお出かけする事をおすすめいたします。
■上士幌町の魅力が詰まったお礼の品については、こちらをご覧ください。