線路を走るDMV(デュアル・モード・ビークル)

徳島県海陽町にある阿佐海岸鉄道では、2021年12月25日、世界で初めてとなる線路と道路の両方を走行できる「DMV(デュアル・モード・ビークル)」の本格営業運行をスタートさせました。
DMVは、少子高齢化で過疎が進んでいる当地域住民の大切な日常の足を維持することはもちろん、観光の起爆剤として、地域の活性化や観光振興、経済振興、さらには防災力強化等の効果が期待されています。

 

ローカル線の救世主!新しい乗りものDMV

阿佐海岸鉄道(株)が運営する阿佐東線は、徳島県最南端の海陽町と高知県最東端の東洋町を結ぶ3駅8.5km(※DMV導入後は、4駅10km)のスーパーローカル線で、少子高齢化や人口減少、マイカーの普及などにより利用者が減少を続け、毎年多額の赤字が発生し、危機的な状況が続いてきました。
この状況を何とかしようと計画されたのが、線路と道路の両方を走ることができるDMVの導入です。
鉄道とバスが乗り換えなしで利用できるようになれば、地域公共交通がより便利に、より効率的になるとともに、世界に類のない車両であることから車両自体が観光資源となり、地域活性化につながるものと期待されています。
また、従来の鉄道車両に比べ非常にコンパクトで、低コストでの運用が可能。便利で、運行費用も低減できるローカル線の救世主として、阿佐海岸鉄道が世界で初めての実用化を実現しました。

 

DMV(デュアル・モード・ビークル)って?

DMVは、「Dual Mode Vehicle(デュアル・モード・ビークル)」の略で、直訳すると「2つの形態(を備えた)車両」という意味です。
ゴムタイヤと、線路走行用の鉄車輪を装備しており、線路上では列車に、道路上ではバスに変身(モードチェンジ)します。
車両はマイクロバスをベースに改造。道路では鉄車輪を忍ばせて前後のゴムタイヤで走ります。
レール走行への切り替えは、道路と線路を繋ぐ「モードインターチェンジ」にて。車体下から鉄車輪が現れ、わずか15秒ほどで鉄道モードに突入します。
線路で鉄車輪はガイド役。前輪を浮かし、後ろのゴムタイヤが駆動輪となってレールの上を走行します。

 

カラフルで個性的な表情の3台のDMV

1号車(青):未来への波乗り
太平洋の豪快な波がモチーフ。宍喰駅の伊勢えび駅長がサーフィンに挑戦する様子は、未来へのチャレンジを表しています。
2号車(緑):すだちの風
そよ風感じる爽やかなデザインで、阿波の名産「すだち」を表現。空高く舞いあがる白い鳥は徳島県の鳥「白鷺(しらさぎ)」です。
3号車(赤):阿佐海岸維新
真っ赤なボディには、四国が誇る英雄・坂本龍馬と南国土佐に降りそそぐ太陽が。地域活性化への情熱が込められています。

 

DMVではじまる新しい旅

阿佐東線の鉄道区間は阿波海南~海部~宍喰~甲浦の全4駅10km。
バスモードは、平日は阿波海南文化村~阿波海南駅までと、甲浦駅~海の駅東洋町~道の駅宍喰温泉まで。さらに、土日祝日は、高知県の室戸方面への1便が走っています。
乗客が列車とバスを乗り換えせずにシームレスに利用できるため、地域の公共交通がより便利で使いやすくなりました。
また、線路と道路の両方を走れるDMVは、「南海トラフ巨大地震」などの大規模災害発生時にも、被災を免れた線路と道路をつなぐことにより、「支援チーム」の派遣や「救援物資」の輸送など、災害発生時の被災者支援をいち早く行うことができると期待されています。

 

 

[世界初]が走る町。海陽町/まちぐるみで盛り上げるDMV

海陽町では、DMVのことをたくさんの方々に知っていただきたいと、DMV応援ソング、ダンス、オリジナル絵本、PR動画の制作など、さまざまなDMVの魅力発信に取り組んでいます。DMVの運行に期待を寄せる地元の皆さんにもDMVの魅力発信に関わっていただき、町全体の機運醸成を図っています。

 

[世界初]が走る町。【海陽町DMVPR動画フルVer.】

※PR動画は、ふるさと納税の寄附金を活用して制作しました。
 

ぜひ、[世界初]が走る町。海陽町へお越しいただき、[世界初]を体感してください!お待ちしております。

 

線路を走るバス!?世界初の乗りもの「DMV」

阿佐海岸鉄道株式会社
URL https://asatetu.com/(外部サイト)

閉じる